マドリードオープンテニス2017のライブ中継動画を見るならコチラ!!

こんにちわ、テニス見るの大好きすぎちゃんです。

2017年5月5日(金)からついにマドリードオープンが始まりますね。すでに出場選手は決まっていますが、TOP15までのシード勢だとフェデラー選手以外は全員出場することになっています。

フェデラー選手は今年のマイアミオープンの優勝後のインタビューで

『2017年の全仏以外のクレーは全大会欠場する』

と発表していましたね~。

『もう24歳ではない』

と口にしていたことからすると、今年絶好調であるフェデラー選手もやっぱり年にはかなわないみたいですね。

では、マドリードオープンの見どころやライブ中継を無料視聴する方法などを解説していきます。

マドリードオープンの試合詳細

日程:5月5日~5月14日

5月6日 予選1回戦
5月7日 予選2回戦
5月8日 1、2回戦
5月9日 2回戦
5月10日 2、3回戦
5月11日 3回戦
5月12日 準々決勝
5月13日 準決勝
5月14日 決勝

開催地:スペイン・マドリード

開催会場:マンザナレスパーク

サーフェス:クレーコート

ドロー:56

ツアーカテゴリー:マスターズ1000

総賞金額:約900000ユーロ(約1億1000万円)

前年優勝者/準優勝者:ジョコビッチ/マレー

大会公式サイト:https://www.madrid-open.com/en/

マドリードオープン2017の主な出場選手

アンディ・マレー(1)
ノバク・ジョコビッチ(2)
スタン・ワウリンカ(3)
ラファエル・ナダル(5)
ミロシュ・ラオニッチ(6)
錦織圭(7)
マリン・チリッチ(8)
ドミニク・ティエム(9)
ジョーウィルフリード・ツォンガ(10)
ガエル・モンフィス(11)
グリゴル・ディミトロフ(12)
トーマーシュ・ベルディハ(13)
ダビド・ゴフィン(14)
ニック・キリオス (15)

錦織圭選手は3月21日(火)から開催されたマイアミオープンで右手首の怪我で棄権してしまいましたね。

1ヶ月後の4月24日(日)から開催されたバルセロナオープンまでにも完治できず。

マドリードオープンまでに間に合うかと心配していましたが、出場選手欄に錦織圭選手の名前があってよかった。

でも、まだ完治できていない、もしくはマドリードオープンの途中で再発してしまう可能性もあるので、少し怖いですよね。

マドリードオープン2016では良い成績だったので、あまりポイントを落としたくはないです、、、

マドリードオープン2017のライブ中継を見るならコチラ!!

テレビ中継については、例年通りNHK総合・BS、GAOGAで放送される予定とのことです。

貴重な地上波放送される大会なので、普段テニスの中継をあまり見ないという人も見てみるといいかもしれません。

見逃しダイジェストや、どこでも見たい、という人であれば「スポナビライブ」が断然お勧めです。

私はいつもスポナビライブで見ています。1か月無料で見ることが出来ますので是非試してみてください!

マドリードオープン2017をライブで見るならコチラ。

マドリードオープンの錦織圭選手の過去の対戦成績は?

では、錦織圭選手のマドリードオープンでの過去の対戦成績を見ていきましょう。

2016年

準決勝 VSジョコビッチ 0-2
準々決勝 VSキリオス 2-1
3回戦 VSガスケ 2-0
2回戦 VSフォニーニ 2-1

2015年

準決勝 VSマレー 0-2
準々決勝 VSフェレール 2-0
3回戦 VSバウティスタ 2-0
2回戦 VSゴフィン 2-1

2014年

決勝 VSナダル – 錦織圭 1-2
準決勝 VSフェレール 2-1
準々決勝 VSロペス 2-0
3回戦 VSラオニッチ 2-0
2回戦 VSガルシアロペス 2-0
1回戦 VSドディグ 2-0

2013年

準々決勝 VSアンドゥハル 0-2
3回戦 VSフェデラー 2-1
2回戦 VSトロイツキ 2-0
1回戦 VSメルツァー 2-0

2012年

なし

2011年

1回戦 リバ 0-2

2013年から錦織圭選手はマドリードオープンで好成績を残しています。錦織圭選手にとってマドリードの赤土は相性が良いサーフェスなんです(^^)/

基本赤土のようなクレーコートは球足が遅くなるので、錦織圭選手のフットワークを活かすことができますよね~。

【マドリードオープン2017】誰が優勝するのか予想してみた!!

マドリードオープン2017に出場する選手は

アンディ・マレー(1)
ノバク・ジョコビッチ(2)
スタン・ワウリンカ(3)
ラファエル・ナダル(5)
ミロシュ・ラオニッチ(6)
錦織圭(7)
マリン・チリッチ(8)
ドミニク・ティエム(9)
ジョーウィルフリード・ツォンガ(10)
ガエル・モンフィス(11)
グリゴル・ディミトロフ(12)
トーマーシュ・ベルディハ(13)
ダビド・ゴフィン(14)
ニック・キリオス (15)

2017年の全試合の結果から見ると、シード15に入っていない選手が優勝する確率はほぼ1%にも満たないと思います。その1%はデルポトロが優勝するかもという感じです(^^)/

※マドリードオープン2017のドローが決まり次第、予想していきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です